FC2ブログ

あいあむ マエッチョ

高井良純のブログ ミュージカル 作・作曲・演出家

◎  終 電 車       

大阪駅発新三田行き終電車、娘と二人飛び乗ると同時にドアが閉まった。

仮住居の為この沿線に住む事になって数日経ったある日のこと、朝が早かったせいかコトコトゆられていると急に睡魔が襲ってきた。
西宮名塩駅迄約30分。

“寝てはいけない…寝…て…は………”

風がすーっと通り抜けドアの閉まる音がした。
ハット車窓を見る。

「アッー。」

仕方がない。
次の駅からタクシーで帰ろう。

降りた駅はトンネルの中、電車が走り去ったホームは真っ暗になった。
急いで階段を降りると、ひなびた無人の改札口に武田尾駅と書いてある。

数本の街灯が道路を照らしているが、公衆電話がひとつあるだけで、タクシーはおろか人っ子一人いない。
おまけに黒々と横たわる川が、ザワザワと不気味な音をたてている。
K旅館の看板が目に入った。

「よし。ここに泊めてもらおう。」

照明のない真っ暗なトンネルを通り抜けると、川音が一層激しくなり鬼気迫る巨大な岩の群れがこちらを睨んでいる。

脅えた娘は私の腕をは掴んで離さない。

吊橋があり昼間は絶景なのかもしれないが、まるで暗黒の魔境。

やっと旅館を見付ける。
「コンバンワー……スミマセーン!」
何十回叫んだ事か。

しかし、何の応答もない。

やむなく駅に戻って電話するが、出ない、タクシーも出ない。

湿った生暖かい風がゾゾッと顔を撫でてくれる。
「ウーッ、何とかしなければ。」

とその時、霧に覆われた山間から、数本ライトが轟音をたててこちらに向かって来るではないか、今度は暴・走・族・?
不安は全身に広がる。
やがて彼等は道路脇に車を止めた。

「110番してッ!」

娘の声が終わらぬうちに、私はダイヤルを回していた。



初めて乗ったパトカーは、猪でも通りそうな山道をガタガタと下っていく。

やっと街の明かりが見え緊張感が解けていく。

「お巡りさん、本当にありがとうございましたー。」


文:高井良純
1997年6月30日 神戸新聞夕刊「随想」より転載

***********************************************

JR新三田(しんさんだ)駅
JR武田尾(たけだお)駅
JR西宮名塩(にしのみやなじお)駅

◎  名曲の条件 

ガーシュインの父親が息子のジョージの新曲を聴いて曰く。

「お、10分以上あるか、うん、これは名曲じゃ。」と言ったとか。

因みに私の名曲度は、数年前に亡くした妻曰く。

「あらー、一寸品が無いわ。」の一言。

これで自称世紀の作品もボツとなり書きかえる事になるーーー。

*******************************************************************

ジョージガーシュイン プロフィール

Gershwin.jpg

◎  テーマは、ミュージカルの魅力 

先日(1月25日)、西宮市の文化振興課から依頼を受けて講演をした。

テーマは「ミュージカルの魅力」

教室には三十名程集まって頂き、満席だった。

持ち時間90分。

時計を見ながらしゃべれば良かったのにあっと言う間に時間超過ーー。

市の職員がこんな面白い講演なら「もう一度機会を見つけてやりましょう」
と慰めてくださった。

講演の内容は、宝塚歌劇の事、ミュージカルのルーツ、外国の事、それから一番大事な今年初演する「有間皇子物語」の宣伝ーー。これが時間切れで出来なかった!

あとは西宮の居酒屋へ流れて行きました。

2月21日金曜日 西宮文化協会から依頼された講演があります。
今度は時間配分、うまくやります。

***********************************************

次回講演のお知らせ

オペラからミュージカルへ 文化講演会

講演のお知らせ オペラからミュージカルへ 文化講演会

講演会
問: 西宮文化協会事務局(西宮神社内)
0798-33-0321
1014年2月21日
13:30より

高井良純 プロフィール
http://www.jmamusical.jp/wordpress/?page_id=997














◎  酒が薬と思って。。。。 

今年の正月は、風邪でひどい咳に悩まされ、
おとそもおせちも無しで寝転んでいました。

昔から風邪をひいたら
酒が薬と思っていた。

本当に治る事もあったので信じていた。

所が酒を何故か飲みたいと思わないので、
三が日、五日、十日、二週間と酒を止めていると、咳が止まった。

こんな事もあるんや。
良かった―。

以前の自分の台本に
「酒は百薬の長」と書いたり、
「酒無くして人生無し」と
謳い上げたりしているので一寸だけ困っている。

マエッチョ酒1

◎  本当に物忘れがひどい。 

本当に物忘れがひどい。

それも日にち。昨年(2013)12月7日に行く所があって、友人のFさんと約束をしていた。当日の朝になり、念のためFさんに電車の時刻を確認しようとTELをした。ふと新聞を見ると、???
なんと日付が8日になっている。びっくりしてFさんに「今日は8日ですか…」と聞くと
「そうです。」
「…あかんわ。1日間違ってました。取り止めにします。」と電話を切った。

暫くしてある事を思いついた、Fさんに再度TEL.
「折角やから、時間空いたし三宮のルミナリエ、えらい評判やから行きませんか。」
「そやな。ほな行こか。」と、
Fさんは如何にも場所を知っている感じで、自信がなかったので、あえて反対せずに花隈で降りる事にした―。

10分、20分、30分、歩いたけどそれらしい会場が見えてこない。Fさんも一寸焦っている。メリケンパーク、ホテルオークラ、DAIMARUが見えてきた。
「なんや、三宮やんけ!」と心の中でつぶやいた。

交通整理する警官が遥かかなたに見えた。

ビルの上には半月が浮かんでいる。ケバケバしいネオンより美しい。
やっと行列の中に入り、疲れた足を引きずって進んで行く。

3分ほど歩くと、止まれ、進め、のステッカーを警官が示す。花隈から約1時間くらいかかった頃、外国のブティックが立ち並ぶ中にようやく電飾のアーチが見えてきた。これがルミナリエか。苦労してたどり着き、目の前にしているのに感動も何もない。

あ~腹減った。

Fさんも一言も言わない。早く一杯飲みたい。今度は僕がリードして歩く。3軒ほど居酒屋をはしごした。3軒目は久しぶりに行ったアザブバー。立ち飲みだけど僕の好きな洋酒バー。

やっぱり神戸はええなぁ。

家に帰ったら書きかけのスコアが散らばっている。まぁ、今日は寝ることにしよう。

「有間皇子物語」もう一寸かかるけど、うまく出来そうと思う。

********************************************************

神戸三宮ルミナリエ
JR花隈
メリケンパーク
アザブバー