あいあむ マエッチョ

高井良純のブログ ミュージカル 作・作曲・演出家

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  運動会 

青いそらの下、赤い帽子、白い帽子が
勢いよく走っている。柚(ゆう)ちゃんがてを振った。
ただそれだけで胸が熱くなる。
何でやー。

曲が変わってダンスタイム。
複雑なリズムに乗って踊る。
凄く上手に踊っている子が目に飛び込んできて来た。

これはうまい。
何処の誰?
プロ並みのテクニックじゃねェか。
ピンスポットがあたっている様に目立つ。
誰・々・あの子はダレ?
目をこらす。
やっぱり。

おお! 柚ちゃんや———。

帰り道、ダンスうまかったなあーと言うと。

あんなのなあー、誰でも踊れるわー。

拍子ぬけになる。
さよか! まあこんなもんか。
自分の子供の頃を思い出して見る。

今年の運動会はもう一つ盛り上がりが無かったなあ。→負け惜しみ。。

マエッチョ、誕生祝い未だもらってないけど、買って。

何が欲しい。
心の中であまり高い物はあかんぞー、と思いながら。
よーし何でも買ったげる。年金がもう少ししたら入る。言ってみな。

ゲーム。一流の役者の様に迫るー。
凄い、柚ちゃんは!
もうでれでれやー。
スポンサーサイト

◎  大成功でした。 

アリマ(有間皇子物語)上演資金カンパ第3弾!
西宮酒飲め条例が発布されたので、
何とか協力したいと思っていた。
それが実現した。

「新酒を愉しみながらミュージカル」のタイトルでの
資金カンパパーティー。

ハハハハ‥‥‥‥、何と、昼夜2回で100名の方がお集まりいただきました。

僕の日本物ミュージカル・日舞で黒田節・おてもやん。

劇団員の踊りも見事な出来でした。

藤間師範のペアは、流石。

こんな近くで日舞を見るのは、最高!

雅楽の生演奏もあって、酒も売れて、最高でした。

ありがとうございました。

おてもやん

◎  自然と文明 

朝起きると珍しく雪が積もっている

一寸測ってみると30cm程、一面綿帽子をかぶった家並は幻想的で水墨画を見る様で美しい。

昨日迄あった、枯葉やゴミまで消えている。
汚い物、いやな事もこんな風にきれいになったらえゝなあ。

ジャキジャキジャキ、自動車が来た。
二本の轍が無作法に名画に傷をつけていく。

自然を文明が壊してゆく。

ボコボコボコ、通勤の靴あとがクレーターをつくる。

現代絵画になって行く。

犬が走る。

車が泥をはねて走って行く。

この先どうなって行くか、地球の未来を見る様。

一寸大げさかなあ。

雪よ降れ降れ雪よ降れ―――。

雪よ降れ降れ

◎  農林1号の想い出 

戦中(第2次大戦)、日本中は少ない配給米を分けあって凌いでいました。
政府は食糧増産を叫び、国民は食べる物を求めてたゞ戦争が通り過ぎる事を待ちわびていた。

僕の祖父は、百姓。
したがって一粒でも多く米麦の生産をしなければならない。
そんな中祖父は芋の増産に取り組み改良を重ね、たゞたゞ国民の腹を満たすため頑張っていました。

そんな時、新聞に農林1号ついに完成と言う記事が載り、一躍、村の有名人。
2号、3号と完成し表彰されました。

僕のおじいちゃんは偉いんや、一寸誇らしく思いました。
しかし芋は量的には多く生産されましたが、味は水っぽくてまずいものでした。
それでも国民は少ない米や麦と交ぜて満腹感を得ました。

おじいちゃんは、やっぱ、偉かった。
学問的な裏付けの無い中で、芋の増産に力を注ぎ、創造力を駆使しひたすら研究したエネルギーを思うと、自分の創造(作曲)の原点になっているのかな。
体の一部にDNAとして受け継いでいるのかなと思えば嬉しい。

◎  マエッチョ 危機一髪!! 

この間、警察官がスリの現場を捕らえる所をTVのクルーが撮影したと言う画像を見た。
犯人がしだいにターゲットに迫って行く。
警官が後をつける。
そして現行犯逮捕。
スリルがある。

かく言う僕も随分前の事だけど、タイムズスクエアを歩いていた時、対面して来る人々が何か僕の顔をジット見ては擦れ違って行く。

服装がおかしいのかな? 顔に何かついているのかな?

何だか嫌な感じがする。
寒いので丈の短いジャンパーを着て、財布とパスポートを左右のポケットの中で握りしめて足早に歩き出すと、背中に風圧を感じた。

いきなり、右のズボンのポケットに何かが入る様な衝撃を感じた。

はっと一瞬息が止まった。

前から来る人々は一斉に僕を見る!

紳士も淑女も仲には牧師さんもいる。

ズボンのポケットを確認のため手を入れた。

その時、背の高い黒人が後ろに猛スピードで走って行くのが見えた。


ズボンのポケットにはハンカチと目薬とトランクのキーが入っているはず。
トランクのキーは道に落ちている。

僕を見ていた人々は、笑っている様に見えて去っていった。誰も助けてくれなかった。

まあ、これくらいで済んだのであれば良かったと思う。

でも、その日は一日中胸がドキドキしていた。

tx.jpg

タイムズスクエア
Times Square


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。